【標準仕様】建築材料

【標準仕様】建築材料

構造と外壁、断熱材

コシマクラフトホームでは造作家具に特化した家づくりに励んでいます。
しかし、精度の高い造作家具が造れたとしても、
元となる家づくりの建築材料(建材)が適当では、精度の高い技術を持っていても意味がありません。

住み始めた後も、快適に過ごせるような建材を使用し、しっかりした家づくりを心掛けています!

コシマクラフトホームでは、
標準の段階で低炭素住宅を取得できる家づくりにしておく事と、
省令準耐火構造(火事にも強い構造)に対応できるような家である事。そして何より、ご入居されるご家族様が安心して暮らせる家づくりに励みます!

※低炭素住宅についてコチラ

工事の流れと照らし合わせて、使用している建材の紹介をしていきます。

※標準仕様で使われている材料の紹介になります。お客様のご希望やご予算に合わせて、一部変更も対応しています。

①屋根材

丈夫な屋根の代表として瓦屋根がありますが、
地震対策などを考えた時に、屋根部分は出来るだけ軽量な物を使用して、地震などが起きて建物が揺れた際に不安定な状態を防ぎ、倒壊の恐れ抑えたい・・・

屋根材は陶器瓦と比べて軽量なのと、紫外線にも強いという事もあり、標準でコロニアルグラッサ・シリーズ(ケイミュー製)を使用しています。

屋根についてより詳しい情報はコチラへ

家の構造やご希望によってはガルバニウム鋼板屋根を使用しています!

ガルバニウム鋼板屋根は更なる軽量素材で且つ丈夫。最近では屋根形状がフラットなキューブ型のお家も人気ですので、柔軟に対応していきます!

②外からの防水対策、壁内からの湿気を室外へ透す!透湿防水シート✨

どんなに高性能な外壁材を取り付けたとしても完全な防水対策にはなりません。
なのでしっかり、外壁の内側には防水処理が必要になります。

防水対策だけではなく、壁の内部には木材、断熱材などがありますので、湿気対策の為に透湿性のある物も使わなければなりません。
「湿気は万物の敵」とも呼ばれています。

なので、建物内部は透湿防水シートをしっかり施工していきます。
弊社では通常はデュポンタイベックハウスラップを使用しています。

透湿防水シートについて詳しくはコチラ

水は上から下へ流れていきますので、透湿防水シートは下から貼り付けしていき、上から被せるように仕上げていきます。
被せるような施工をする事で水の侵入を出来るだけ防ぎます!

細かい所ですが、重要な所です!

 

③シロアリ対策。防蟻消毒!

コシマクラフトホームは長崎県を中心に家を造らせてい頂いておりますが、
長崎県は高温多湿の地域です。
シロアリは高温多湿の場所好みますので、長崎県は比較的にシロアリ被害が多い地域でもあります。

なのでしっかりした防蟻対策が必要です!

表面材への消毒は勿論、建物の構造上シロアリ被害で一番危険な箇所は接合部分の所になります。

接合部分が空洞になるような事が起きれば家の倒壊の危険性が高まります。

接合部分はドリルで穴をあけて、中に防蟻対策を施します。

消毒液を奥に流している写真です!

④窓と防水対策

窓はYKKAPのエピソードNEOを標準として使用しています。

複層タイプのペアガラスで遮熱性に優れており、
断熱性と防露性を兼ね備えた物になっています。

YKK Low-E複層ガラスについて詳しい情報はコチラ
エピソードNEOについて詳しい情報はコチラ

窓の取付の際に気を付けていることは、
厚手の防水フィルムを窓下に施工し、結露による木材の腐れを出来るだけ防ぐようにしています。

室外も同じくです!

義務ではありませんが、大事なひと手間です!

⑤外壁材

外部からの雨風、近隣で火事が起きた際などに、家を守る大事な外壁!

ご要望に合わせて様々な外壁に対応していますが、
標準仕様ではニチハ製モエンエクセラードを使用しています。

紫外線の変色、褪色に強いプラチナコート✨
雨とともに汚れを洗い流してくれるマイクロガード✨

二つの強力な性能が備わった外壁材を選びました。

ニチハ外壁について詳しくはコチラ

外壁の厚みが16mmありますので、金物留め工法でしっかり外壁を固定しています。

厚みが薄い外壁の場合だと釘打ち施工が出来ますが、外壁の割れや、外壁の重みによる垂れ下がりが恐ろしいです。

外壁の間のコーキングも高耐候性の物を使用しています!

シーンリングも重要ですが、裏側も重要です。

仮にシーリングの寿命が来た際にも防水対策として金物を取付施工しています。

⑥室内、断熱材

コシマクラフトホームでは低炭素住宅を取得できる家づくりに励んでます。

「次世代省エネ基準」の断熱等性能等級4に対応しているグラスウール製の断熱材を使用しています。

隙間なくぎっしりと埋め込み施工しています。

外気触れる所は隙間なく取付施工していきます!

断熱材(アクリアネクスト)について詳しくはコチラへ

⑦耐熱石膏ボード

断熱材や、電気配線などの工事が終われば石膏ボードの取付施工が行われます。

石膏ボードは燃えにくい性質の為、室内での火事が起きた際の対策として施工します。

 

以上で建築材料、工事の一部紹介は以上になります。

コシマクラフトホーム住宅アドバイザーの紹介!

草野 直人
住宅アドバイザー
業界歴20年以上で、豊富な知識と経験でお悩みや不安もとことん解決!FPとしてのアドバイスもできます♪

中村 友理衣
住宅アドバイザー
造作家具担当8年目の女性アドバイザー。女性ならではの観点で住宅のアドバイスや、サポートをさせていただきます

渡辺 聡
大村出身の住宅アドバイザー
気さくで親しみやすいお兄さんです。正確な製品説明に定評あり。なんでも相談してください♪

佐藤 弘樹
情報発信を中心に、
住宅アドバイザーのサポートしてます。インスタをはじめ、ホームページ更新もさせて頂いてます。元職人です。

ご来場希望の方はお問合せフォームから来場予約していただくか、お電話にてお問い合わせください。(0120-540-490)

ご来場予約はから➤お問合せフォーム